2007年11月04日

iアプリエミュレータのドット数

前回の続き。

プロファイル5.1用のiアプリ作成ツールが提供され始めた。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/iappli/about/tool_foma5_1.html
これは、先日発表された905iシリーズ向けのものではあるが(705iもかな?)、ツール自体は過去のプロファイル、つまり904iシリーズや903i902i(略)向けのiアプリも作成できる。それ用のライブラリが同梱されているのだ。

プロファイル5.0用(904i向け)のiアプリ作成ツールのエミュレータでは、最大480×640ドットまでで、N904i480×704ドットに対応していなかった。ぷんすか。

5.1用のエミュレータではどうなのか?
以下のキャプチャ画像の通りである。メイン画面は最大1024×1024ドット、サブ画面は240×320ドットまで対応しているようだ。

07110401.jpg

実際、905iシリーズでもこんな解像度の端末は存在しない(予定)。

まぁ、最大値以下かつ最小値以上であれば任意のドット数が入力できるわけだから、今後の事も考慮してとりあえず大きくとっただけなんじゃないかと勝手に思っている。
それとも近々、906iあたりでXGA(1024×768)とかの液晶を搭載した端末が出てくるのだろうか。

まぁそれはいいとして、例のSDカードのユーティリティも概ね作り終わったし、そろそろ何か作りたいな。
エミュレータが改善されたところで、自分でiアプリ作らないんじゃ関係ないものな。
ラベル:iアプリ N904i
posted by iota602 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ:iアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ドコモ新機種発表

今日はドコモの新機種の正式発表があったわけだが、早速製品情報が更新されてた。

905i
705i

23機種。こんだけ数が多いのは初めてなんじゃなかろうか。

905iシリーズは、全機種フルワイドVGA搭載ということだ。僕などからすれば、904iではN904iしか選択肢がなかったわけだが、これでようやくどのメーカの端末でも選択できるようになってきた。

まぁ、僕はN904iを買ってまだ4ヶ月だし、ワンセグにもGSMにも興味がないので905シリーズはパスするわけだが、iモードやらiアプリなどの仕様拡張がどんなものなのかは気になるところ。

iモードについては、Flash Lite3.0対応くらいしかなさそうだ。キャッシュ100KByteの制限はそのままなのかな。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/html/version/index.html

iアプリはプロファイルが5.1になるらしいが、まだ関連文書には目を通してない。音声入力やらの機能が拡張されるっぽいことはどこかで見かけたのだが、それ以外はどうなのだろう。その程度だったら特に関心ないな。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/iappli/about/index.html

端末情報の方はまだ更新されていない。まぁ、製品発表したばかりだから仕方ないか。

iアプリ作成ツールもプロファイル5.1用が提供され始めたようだ。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/iappli/about/tool_foma5_1.html

今インストールしている5.0用は、エミュレータの画面解像度が最大480×640で、N904iの480×704を実現できてなくてガックリした、ということがあったのだが、5.1用はそのへん対応されているのかな?
あとでDLして試してみよう。
ラベル:705i 905i N904i
posted by iota602 at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SDカードのユーティリティ完成近し

この前の投稿記事のまとめ。

・SDカードにデータを保存するユーティリティは存在するが、
 機能が不足してたり動かなかったりと問題がある
・自分で作ってみようと思うが、スキルは無いに等しい
Visual C# 2005 Expressで、勉強がてらに作り始めた
設計せず、行き当たりばったり
・大まかな仕様
 1. 静止画、動画、PDF、Officeのファイルを、命名規約に沿ってリネームしコピーできる
 2. 命名規約に沿ったフォルダを作成できる
 3. タイトルの編集がPC上でできる
 4. ダブルクリックで画像や動画などが開ける

で、ヒマを見つけてコツコツとプログラミングしてるわけだ。
大体、3歩あるけば忘れるような僕であるのに、2日も空けたりしたらそれまで何をやっていたかどうか、さっぱり覚えてない。自分の書いたコードを解析してから続きを書き始めるような始末だ。

いくら勉強がてらとはいえ、最低限の設計はするべきだと痛感。
あと、コメントをちゃんと書こうぜ。

とはいえ、作りたい機能はほとんど出来ている。
さっきうっかり見つけてしまったバグをつぶせば完成だ。
07103101.jpg

今のところ、PC上にSDカードの中身をまるごとコピーし、それを対象にファイルコピーをしたりタイトルの変更をしたりして、機能の確認をしている。

このタイトルの変更というのが厄介で、フォルダ単位に情報管理ファイルがあるのだが、これがバイナリのファイルなのだ。
プレーンなテキストで、
「ファイル名,タイトル」みたいにコンマ区切りのCSV形式にするか、あるいはXMLのようにタグで囲むかしてくれていればわかりやすかったのに。

N904iネイティブプログラムの仕様書を持っているわけがないので、バイナリエディタで開いて、何バイト目に何の情報が入ってて、みたいな解析をせざるを得ない。
07103102.gif

イライラするのが、ファイルの種類によって命名規約がバラバラだということだ。通し番号の最小値が1から始まるものと100から始まるものがあるし、16進数を使っているものもある。なんでこんなに統一性がないのか。

まぁとにかく色々調べてテケトーに情報管理ファイルを作成したり書き換えたりしてるわけだが、それをN904iがきちんと読み込んでくれるのか、まだテストしていない。SDカード内のファイルをいじるのがおっかない。

でもおかげで色々勉強になった。

で、思い出したのがこのブログを作った当初の考え。
当時壁紙作成にハマっていたのだが、画像編集ソフトでの工夫というかテクニックというか、そういうものをブログにメモしておこうと思ったのだ。
誰かが読んで、参考になるかもしれないし、実際僕もそういうWebの情報でとても助けられているし。

今のところは大したことも書いていないし、細かい事はむしろ避けて書いていたのだが、このブログには個人的なメモっぽい投稿を増やしていこうかなと思い直した。
なんでも、忘れないうちに。
posted by iota602 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

初音ミク

お気に入り。
ニコ動より。
いい動きだ。

posted by iota602 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

流行っていることにされているアレ、やってる?

Second Lifeの統計が発表、有料アカウントの伸びは一段落
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/16/17190.html

記事自体は有料アカウントについてのものだが、最後の三行が悲しい現実を物語る。
・日本からのセカンドライフ利用者は、世界の中で大きな割合を占めている(国別で4位。利用時間数では3位)
・日本のアクティブユーザ数は35,841人である
・そのアクティブユーザの定義とは、1ヶ月1時間以上利用したユーザである

え?それだけしか利用してなくてもアクティブユーザ?
アクティブユーザって、1週間とか1日とかいう単位で数えないと意味なくね?
そもそもアカウント登録者数って世界で800万超えてるんでしょ?少なすぎない?


ちなみに、僕自身はセカンドライフのアカウントすらとっていない。
話のタネにやってみようかな?などと思ったりもするのだが、プレイ(?)画像など見てみると、どうにもゲンナリしてしまうようなものばかりだ。セカンドライフ面白い!なんてサイトを見たこともない。

いや、でもこれは面白かった。
http://abworks.blog83.fc2.com/blog-entry-113.html

というわけで自分ではプレイ(?)したことはないが、実際にセカンドライフの中には人が居ないらしい。ゴーストタウンのようだと。
某所では、廃墟オンラインと呼ぼう、という提案があった。むしろその名前の方がなんだか面白そうだ。
posted by iota602 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

microSDのユーティリティ

やあ御無沙汰。

書くネタがなかったわけじゃないのだが、情報処理技術者試験の勉強をしたり、ビデオを見たり2ちゃんを見たりと忙しいので、更新サボってた。あー、あとダイエット。スポーツクラブでもきもきしてる。

そんな糞忙しい毎日なので、iアプリ作ろう!なんてのは最近手をつけてない。いや、そもそもそんなものより作りたいものがある。
microSDカードのデータ管理ツールだ。

まず、NECのサイトにはこんなものがある。
miniSDデータ転送ソフト
07101602.jpg

こいつには、以下のような不満がある。
1. 静止画と動画にしか対応していない
2. データファイルを(ソフト上からのダブルクリックなどで)開けない

もう一つ、こんなのもある。
N901iS用SDメモリツール
07101603.jpg

で、これにも問題がある。
1. Officeのファイルに対応していない
2. そもそも僕のパソコンでは動作がなんだかおかしい

そんなわけで、自分で作ってみようということになった。
当然のことながら、これにも問題がある。
1. Windowsアプリケーションなんて久しく作ってない
2. Java言語しかわからない(初心者と言ってもいいレベルだが)

大昔、Delphiという開発ソフトをいじっていたことがある。ボタンやらリストやらをペタペタっと貼って、それに対応するコードを書けばいい。結構カンタンに作れたような記憶がある。
とりあえずDelphiのフリー版を落としてきてみたのだが、Javaに慣れた現在では、Pascal言語がとても読みづらい。そして、どうにも情報が少なめだ。書籍も少ないし、ネット上にもあまり無さげ。

仕事では、使ったこともないVisual Basicで、ソースコード管理ツールみたいなものを作らされたことがある。これもかなーり昔だ。
Visual Basicも今はフリー版があるのだが、そもそもVisual Basic自体が嫌いだ。ExcelでVBAなど書いたりすることもあるが、毎度イライラしながら書いている。どうも性に合わない。

調べていくと、C♯という言語がJavaにそっくりらしい。Visual C♯のフリー版もある。というわけでダウンロードしてインスコしてみた。

コンポーネント貼り付けてイベントに対応するコード書いて、というあたりはDelphiと似たような感覚だ。C♯言語自体は、なるほどJavaと良く似てる。馴染みやすい。
07101601.jpg

そんなこんなで、使い方など勉強しつつmicroSDのデータ管理ツールを作ってみている。設計書とか書いてないので、行き当たりバターリだが。
とりあえず大まかな仕様はこんな感じで。
1. 静止画、動画、PDF、Officeのファイルを、命名規約に沿ってリネームしコピーできる
2. 命名規約に沿ったフォルダを作成できる
3. タイトルの編集がPC上でできる
4. ダブルクリックで画像や動画などが開ける

SDカードにコピーした電話帳やらメモなどを開けるようにもしたいのだが、それにはもうちょっとデータを調べないとな。
posted by iota602 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

ケータイで900Mbps

多分、初めてトラックバックなるものを使ってみたり。おっかねぇ。

富士通、ドコモの「Super 3G」向け無線基地局で下り900Mbpsを実現
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070928_docomo_900mbps/

タイトル通り、携帯電話の通信で900Mbpsの通信ができるぜ!ってことらしい。
ハイスピードとうたってる現行の通信速度は最大3.6Mbpsでしかないから、その250倍速いってことになる。ていうか下手な光ファイバの回線より速い。

まぁいつものごとく、ドコモユーザであるくせに(あるがゆえに?)ドコモに期待はしない僕であるからして、
・末端で900Mbpsって、それ何人でシェアすんだよ?
・やっぱり300Mbps止まりなんだろ?
 ( http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/070713_02.html )
・どうせセンタ側の方でトラフィックさばききれないんだろ?
・FTP不可(笑)なんだろ?
・そもそも繋がんないんだろ?
とか、否定的な考えしか浮かんでこない。

ところで、富士通のは、「通ぶった」の通でもなければ「病院通い」の通でもなくて、通信の通なんだなとあらためて思ったり。

さらに脱線すると、富士は富士電機の富士で、富士電機の富士は古川電機の「ふ」とジーメンスの「じ」からとったもの。これ豆知識な。

先日のWindowsMobile機の発表ではがっかりさせられたけど、まぁなんだか頑張ってる。みんなも不治痛とか不実とか言わないで、応援してあげてほしい。(但し期待はしないこと)

話が戻るが、通信速度が速くなることは単純に歓迎できる。速いにこしたことはない。今使っているのはHSDPA、いわゆるハイスピードに対応したN904iであるが、もうこれより遅い端末には戻れない。

でも、そんなことよりまず、地下鉄の移動中でもドコデモ通信できるようにして欲しいのだ。速くなるよりずっとうれしい。
ラベル:ドコモ 3G 富士通
posted by iota602 at 08:23| Comment(1) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

Setpointの糞動作をおさえる

ホイール無し3ボタンMousemanの時代から、マウスはずっとLogitech (Logicool)を使っている。
昔から握りやすい形の製品をつくってるし、クリック感も気に入っている。そう、ハードウェアとしては満足しているのだ。

問題は、最近の製品に同梱されているSetpointというマウスユーティリティだ。これがとにかく駄目なのだ。

僕が今使っているのは8ボタン1ホイールのG3というマウスだが、このSetpointで各ボタンに自分の好きな機能を割り当てる。ソフトごとにボタンの機能を変えることもできる。

それだけ書くと便利そうなユーティリティソフトであるが、何が問題なのか。

1. 以前使っていたマウスでは、「デスクトップの表示」「すべて最小化」という機能を割り当てられたが、G3ではできなくなった。会社で使っているMX400でもできない。

2. ソフトごとにボタンの機能を変えると、基本設定の機能が動作しなかったりする(上記の「最小化」など)ので、デフォルトで登録されているアプリケーションを削除するのだが、再起動すると消したアプリケーションが復活してる。

1は、Winキー+DWinキー+Mで実現できることは知っているのだが、僕のキーボードにはWinキーなんていう糞キーは存在しない。

2は、もうバグとしか思えない。デフォルトでアプリが登録されて、各ボタンに機能が割り当てられるのはいいとしても、削除したのが復活するというのはどういうことか?馬鹿か?


んで、どう解決するのか。
1についてはuberOptionsという非公式なツールを導入することで解決する。アレもコレも設定し放題だ。

2について、これはもうどうにもならんかとあきらめてもいたのだが、今日解決方法を発見した。以下にまとめておく。

一応書いておくと、これは僕の例であって、同じようにやってパソコンが動かなくなっても、僕知らないから。自己責任で。

-----
■使用環境
OS: WindowsXP MCE 2005
マウス: G3 Optical Mouse
マウスユーティリティ: Setpoint4.0 + uberOptions(日本語化済み)

■手順
1. Setpointのプログラムの管理ウィンドウで、登録されているアプリケーションを消す
07091510.jpg


2. C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Logitech\SetPointの中にあるuser.xmlをメモ帳などで開き、DeviceタグModelを確認する。
07091511.jpg


3. Model値の16進数を求める
07091512.jpg


4. (例として上の1000045を用いる)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Logicool\SetPoint\Devices\PointingDevice\1000045の中にある、1000045.xmlをメモ帳などで開き、AppOverrideのタグを削除して上書き保存する
07091513.jpg


5. Setpointを再起動する

-----

このように書き換えた後に4回起動したが、今のところ復活する気配はない。多分大丈夫だろう。

はぁ・・・
ラベル:マウス
posted by iota602 at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

iアプリの作り方とか勉強

そんなこんなで、2ちゃんを見たり録画した番組を見たりと大忙しの中、ヒマを見つけてiアプリの作り方を勉強中だ。

前回、iアプリ開発ツールに付属の端末エミュレータは、N904iのiアプリ最大解像度である480×704ドットに対応していないと書いた。仕方ないので480×640ドットで色々試している。

N904iというかN端末の特徴でもあるニューロポインタを使うにはどうすればいいのか、microSDカードにデータを書き込むにはどうしたらいいのか。
そんな感じでAPIリファレンスなど見ながら実験アプリを作ってみている。
07091501.jpg


ところで、iアプリの作り方を学ぶにあたって、ドキュメントもダウンロードしてあるし、ググれば色々と情報は集まってくるけれども、やっぱり書籍は必要だ。
ちょいとここらで、僕の持っている関連書籍を書いてみよう。

・iモードJavaプログラミング FOMA対応版
・Eclipse 3.1によるJavaアプリケーション開発
・独習Java第3版


言うまでもないけれど、持っているのと読んだのでは埋めがたい差がある。

上の書籍だが、書名と画像を自分で用意しなくてもAmazonのアソシエイトセントラルとかいう所で、こんな風に表示されるHTML作ってくれる。このためにわざわざAmazonのアカウント取った。
(携帯から見たら何も表示されなかったので、後になって書名だけ書き足したけど)

これをクリックするとAmazonのサイトに飛んでいくのだが、誰かがその後Amazonで書籍を買うと、僕に紹介料のようなものが入る仕組みらしい。まぁ、僕は書籍は本屋でじっくり見てから買う派なので、Amazonで買わないけど。

広告だらけのブログは大嫌いだから、このブログにはこんな感じで必要に応じて貼り付けてみようかなと。


さておき、Javaを思い出しつつ、なんとなくiアプリの作り方はわかってきたのだけれど、最大の難関はどうやって設計するか、ということだな。設計の仕方がよくわからん。

これでもSEの端くれなんだけれども、開発経験があまりないからなぁ・・・。
ラベル:N904i iアプリ
posted by iota602 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ:iアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

480×704なのに

以前書いたが、N904iのiアプリ描画領域は、最大480×704である。
現行の端末の中では、最大である。
ところが、なかなかこの領域に対応したアプリが出てこない。悲しい。

一応自分もJavaプログラマの端くれだ。出てこないなら自分でなんとか作れないか?
いやしかし、本当に端くれっていうかクズなので、ろくにプログラム書けない。できるのか?

なにはともあれ開発ツールと関連文書。以下のあたりからダウンロードしてくる。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/iappli/index.html

諸々セットアップして、iアプリの開発ツールを起動。
これには端末のエミュレータが付属していて、実機にアプリを入れなくても、パソコン上でそれっぽく動かすことができる。

というわけで、端末エミュレータの設定。上述の通り、N904i480×704ドットだから、えいやっと、

07090704.jpg



あ゛あ゛! ?
ラベル:N904i iアプリ
posted by iota602 at 04:09| Comment(3) | TrackBack(1) | ケータイ:iアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。