2009年09月22日

キーボードを買い換えた

やぁご無沙汰半年ぶり。誰が見てるか知らんが。

かつて僕の使っていたパソコンのキーボードは、IBMの42H1292というUS配列の101キーボードだった。10年ほど前に秋葉原で購入して愛用していたが、これが数年前に故障してしまった。同じ製品はもう手に入らないが、同等製品であるUnicompの101キーボードを購入して使っていた。特徴としては、以下が挙げられる。

US配列の101キーボード
・キータッチが重い(「カチッ」というでかい音がする)
・キーボード自体も重い

Unicompのキーボードも買ってから2,3年経っている。IBMの物と物理的には(確か)同じである為、言ってみればカッチカチうるせーキーボードを10年使っていることになる。だが、モノ自体にはそれなりに満足している。
但し、こういったキーボードを職場で使うことはできない。ただでさえ打鍵が強くてうるさいのに、こんなキーボードを使ったら蹴り飛ばされてしまうかもしれない。

Unicompのキーボードはまだ壊れていないが、先日新しいキーボードを買った。東プレのRealforce101だ。

静かなキーボードってどうだろうな、とは思っていたが、ほとんど衝動買いだ。配列は今まで通り101キーのUS配列だが、ここのキーボードはカチカチとうるさくない。キーボード好きな人々からは比較的評価の高いキーボードだ。
数日使ってみた感想としては、確かにしっかりとした造りでなかなか打ちやすい。安物キーボードのようなグラグラ感もないし、なにより打っていて気持ちがいい。Unicompが上述の通り「カチ、カチ」だとすれば、こいつは「シト、シト」といった感じだ。Unicompのキーボードでガチガチ打ち込んでいる時は、近所迷惑になってないかな?という不安があったりしたのだが、これならば大丈夫だろう。

世間の多くの人は、あまりキーボードにこだわっていないと感じる。多くの人は買ったときに付属していたキーボードを壊れるまで使うか、うんざりするほど汚くなっても使い続けるし、ノートパソコンだけを使っている人にとってはそもそも選択肢自体がなかったりする。ノートに外部キーボードをつけるのも色々と邪魔くさい。

だが、キーボードとマウス、付け加えるならディスプレイにはこだわるべきだと思うのだ。人と機械の接点である。質が悪かったり気に食わなかったりする糞なキーボードやマウスを使うより、心地よいものや機能に優れたものを使う方が、能率も、そして気分も良くなる。

ただ、このRealforceシリーズはキーボードだけのくせに1万5千円以上する。今の時代はフルキーボードでも500円で買えてしまうのに、だ。値段にして30倍。それだけの効用があるかというと、おそらく、きっと、無い
つまりこれは、単なる趣味なのだ。実用性という観点からすれば、500円とはいかなくても5000円程度のキーボードで多分事足りるのだ。しかし満足ができない。フラストレーションがたまる。それがキーボードマニアの心だと思うのだ。

もっとも、僕はマニアというにはかなり筋金不足だ。世の中には、QWERTY配列はクズDVORAKでなきゃいかんとか、キネシスの変態用キーボードでなきゃいかんとか、そういう人らがいっぱい(?)いるのだ。親指シフトキーボード派というのもマイナーながらまだ生存している。僕のように、US配列でタッチがそこそこしっかりしていれば満足、なんていうのは甘ちゃんなのだ。

最後に、長年愛用させてもらっているキーボードユーティリティソフトを紹介しておこう。AltIMEというソフトだ。
これを使って、右Altを日本語入力ON/OFFに変え、キーの入れ替えなどをやっている。やっぱり、Ctrlは「A」の隣でないと、どうも気持ちが悪い。
2009092201.png
posted by iota602 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

見えなくなったLANDISKのファイルを救う

I-O DATAのLANDISK HDL-G250Uという製品を使っている。いわゆる安物NASで、要はファイルサーバである。

下の図のようにして接続しており、複数のPCからファイルを読み書きできる。基本的にLANDISK本体は常時起動している。図に有るとおり、USB接続のハードディスク(200GB)を増設しているが、これは必要な時にだけ電源を入れていた。
landisk01.gif


先週、ちょいとファイルの整理をしようかと思って増設ディスクの電源を入れた。通常は数秒後にピーとか音を出して使えるようになる。だがその日はピーピーピーと言いやがった。しかもなんか赤いランプが点滅していやがる。どう見ても異常事態だ。

PC側から接続しに行って見ると、やはり駄目だ。
LANDISKの管理者画面で様子を見てみる。

landisk02.gif


なんじゃこりゃあ!
未使用って、不明なフォーマットってどういうことだ?!
ハードディスクが逝かれたか?前回変な電源の落とし方をしたのか?
んー、でもハードディスク自体は認識しているようだし、ディスクも変な音を立てたりせず、普通に動いてるっぽい気がする・・・

とにかくよくわからん。
だが、往々にして僕より先に誰かが不幸な目にあっており、その対応方法などをWeb上に書いていたりしてくれているものだ。ぐぐってみる。

色々探っていくと、LANDISKというものはOSにLinuxを使っており、このLANDISKでいうところの「専用フォーマット」はLinuxで使われているext2だか3らしい。LANDISKではWindowsで使われているFAT32NTFSでフォーマットしたディスクも接続できるのだが、前者はファイルサイズに制限があるし、後者は書き込みができないとかいうことなので、その専用フォーマットにしていたのだ。

んで。
どうも探し方が悪かったのか、本体のディスクに入ったデータを救う方法や、本体のディスクが壊れて外部はオッケーな場合の救済方法はいくつか見つかったのだが、僕の事象にマッチする解決方法が見当たらない。

本体のディスクLinux機に接続したらあっさり認識したよ!というのを見かけたので、外部も同じファイルフォーマットだから大丈夫だろと、とりあえずKnoppixでPCを起動し、データの救出を試みた。Linuxには詳しくないのだが。
ちなみにKnoppixとはCDもしくはDVDだけで起動できるLinuxなのだが、そもそもそれが起動するまでが大変だった。顛末を詳しくは書かない。結局僕はKnoppixでこのディスクの中身を見ることが出来なかった。

データ退避用に接続したNTFSフォーマットのディスクはすんなり書き込み可能な状態にできたのだが、肝心のコピー元が認識できない。mountコマンドやumountコマンドで色々やってみるが、どうにも駄目だ。
Knoppixに含まれているGPartedというパーティション操作ソフトだと、ファイルシステムも認識してるし、使用量や空き容量までわかるのに・・・

次にWindowsXPを起動し、TestdiskPhotorecというソフトを試してみた。が、結局これも駄目だった。というか使い方がよくわからん。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070720_photorec/
Photorecの方は何か得体の知れない巨大ファイルを復活させてやがる。こんなファイル、僕は知らんぞ。

更に、Windowsでext2/3フォーマットのディスクをマウントできるというExt2Fsdというソフトを試した。駄目だった。認識してくれない。
http://sourceforge.net/projects/ext2fsd

もう駄目か・・・
投げ出してしまったKnoppixにもう一度チャレンジするか、潔くあきらめるか・・・
と更にぐぐりを深めていくと、Windowsからext2/3フォーマットのディスクを見られるという、Explorer2fsというソフトの存在を知った。
http://www.chrysocome.net/explore2fs
さっきのExt2Fsdも駄目だったし、こいつも・・・

landisk03.gif


おお!見えた!見えた!
あっけないほど簡単に。今までの時間は何だったのか!

ちなみに、Version1.07だと日本語のファイル名が化けるのだが、Version1.08beta9だと大丈夫だった。

ということで、100GB超の僕のMovie_Adultフォルダが帰ってきた。

いや、本当に大事なファイルはこんな外付けの更に外付けディスクに置いたりはしない。ぶっちゃけ無くなってもあきらめのつくファイルなのだが、それでもやっぱり、なくなると寂しいMovie_Adult。おかえりなさい。
そしてExplorer2fsの作者さん(達?)、ありがとう。
おかげで僕の(略
ラベル:HDL-G250U LANDISK
posted by iota602 at 02:00| Comment(6) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

3D景観作成ソフトを試す

先週の月曜日にHDDを買ってきて、メインで使っているPCのデータ領域の移行というか再構築を始めたのだが、これがどうにも具合が悪い。
昨日の夜というか今朝になってようやくなんとか正常に動くようになったが、かなりgdgdな状況であったため、ここに詳細を書くのはやめておく。

一つ感想を書いておくと、500GByteとか750GByteとかのディスクを使って、やはり数百GByteのデータをバックアップしたり戻したりするのはかなり時間がかかるなぁ、と。おかげでこの一週間、メインPCをろくに使えない状態だった・・・

さて本題。
PC FORMATという、イギリスのPC関連雑誌がある。洋書を扱っている書店では、結構よく見かけた。
その雑誌にはCD-ROMが添付されてた。毎回かどうか忘れたが、体験版やデモではない、ちょっと古いゲームやアプリ(でも十分使える)が付いていたりしてた。当時、日本の雑誌でもCD-ROM添付は普通のことだったが、フルバージョンのアプリが添付されていることは無かったような気がする。欧米人は太っ腹だなぁと思っていた。

そのPC FORMAT誌に、Bryce2という3D景観作成ソフトが付いていた事がある。面白そうだということで購入。今でもCD-ROMを持っているのだが、Windows95用と書いてあるので10年ぐらい前の事か。

Bryce2は、ちょっとユニークなユーザインタフェースで、山とか水面とか球体とかのオブジェクトをぺたぺたっと置いてレンダリングすると、いかにもCGな風景が作成できる、そんなソフトだった。まぁ、出来不出来についてはスキルの問題があろうが。
山オブジェクトのモデリングに特徴のあるソフト、ということだったと思う。ポリゴンじゃなくて、白黒の濃淡で高さを決めるような。反面、複雑な形状のモデリングは困難であったと記憶している。

当時、MMX Pentium 233MHzとかそんなPCで、一晩かけてレンダリングしたりしてたような、そんな記憶がある。作った画像はもう失くして(消して?)しまったようだが・・・

さて、最近ひょんな事からterragenというソフトの存在を知った。同じく3D景観作成ソフトである。無料版は制限があるものの、一応画像が作成できる。試しにインストールして使ってみたのだが、画像サイズが最大1280×960というのが大いに不満である。それに設定が悪いのかなんだかわからんが、エッジが妙にギザギザしてる。下の画像は、ギザギザをごまかす為に、ちょっと縮小したものだ。

test01_1024x768.jpg


このterragenも、上述のBryceのように白黒濃淡で地形の高低を決める仕組みだった。話が前後してるのだが、そこでBryceを思い出したのだ。試しにBryce2WindowsXPにインストールしようとしたが、駄目だった。

ググってみると、まだ存在はしているようで、最新バージョンは6.1だ。少なくとも社名が変わっているようで、今はDAZというところが扱っているらしい。さらに調べてみると、旧バージョンであるBryce5.5を無料で提供しているらしい。
早速アカウント登録し(起動時に要求されるシリアルナンバを得る為)、ダウンロード&インストールしてみた。

08012201.jpg


起動してみると、あら懐かしい、あの独自なユーザインタフェースのデザインは変わってない。そもそもBryce2の事などあまり覚えていないが、おそらく10年ぶりくらいに触れたソフトとは思えない程変わった感じがしない。
まぁとにかく、ちょっとしばらく遊んでみよう。

test02_1280x1024.jpg
ラベル:3D Terragen Bryce
posted by iota602 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

Setpointの糞動作をおさえる

ホイール無し3ボタンMousemanの時代から、マウスはずっとLogitech (Logicool)を使っている。
昔から握りやすい形の製品をつくってるし、クリック感も気に入っている。そう、ハードウェアとしては満足しているのだ。

問題は、最近の製品に同梱されているSetpointというマウスユーティリティだ。これがとにかく駄目なのだ。

僕が今使っているのは8ボタン1ホイールのG3というマウスだが、このSetpointで各ボタンに自分の好きな機能を割り当てる。ソフトごとにボタンの機能を変えることもできる。

それだけ書くと便利そうなユーティリティソフトであるが、何が問題なのか。

1. 以前使っていたマウスでは、「デスクトップの表示」「すべて最小化」という機能を割り当てられたが、G3ではできなくなった。会社で使っているMX400でもできない。

2. ソフトごとにボタンの機能を変えると、基本設定の機能が動作しなかったりする(上記の「最小化」など)ので、デフォルトで登録されているアプリケーションを削除するのだが、再起動すると消したアプリケーションが復活してる。

1は、Winキー+DWinキー+Mで実現できることは知っているのだが、僕のキーボードにはWinキーなんていう糞キーは存在しない。

2は、もうバグとしか思えない。デフォルトでアプリが登録されて、各ボタンに機能が割り当てられるのはいいとしても、削除したのが復活するというのはどういうことか?馬鹿か?


んで、どう解決するのか。
1についてはuberOptionsという非公式なツールを導入することで解決する。アレもコレも設定し放題だ。

2について、これはもうどうにもならんかとあきらめてもいたのだが、今日解決方法を発見した。以下にまとめておく。

一応書いておくと、これは僕の例であって、同じようにやってパソコンが動かなくなっても、僕知らないから。自己責任で。

-----
■使用環境
OS: WindowsXP MCE 2005
マウス: G3 Optical Mouse
マウスユーティリティ: Setpoint4.0 + uberOptions(日本語化済み)

■手順
1. Setpointのプログラムの管理ウィンドウで、登録されているアプリケーションを消す
07091510.jpg


2. C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Logitech\SetPointの中にあるuser.xmlをメモ帳などで開き、DeviceタグModelを確認する。
07091511.jpg


3. Model値の16進数を求める
07091512.jpg


4. (例として上の1000045を用いる)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Logicool\SetPoint\Devices\PointingDevice\1000045の中にある、1000045.xmlをメモ帳などで開き、AppOverrideのタグを削除して上書き保存する
07091513.jpg


5. Setpointを再起動する

-----

このように書き換えた後に4回起動したが、今のところ復活する気配はない。多分大丈夫だろう。

はぁ・・・
ラベル:マウス
posted by iota602 at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

最近、Jane Viewのカスタマイズ方法を知った

2ちゃんブラウザには、Jane View Doeを使っている。

もう半年ほどバージョンアップがなくて寂しいので、そろそろJane Styleに変えようかなと思いつつ、特に不便を感じていないのでまだしばらくは使うだろう。

さてそのJane View、かれこれ3年ほど使っていると思われるが、カスタムらしいカスタムをしたことがなかった。あぼーんの設定と、マウスジェスチャーの設定くらいか。

最近、スレ表示の背景に壁紙を設定できることを知ったので、やってみた。



skin_Doeフォルダに壁紙用のjpgなどを置き、同じフォルダのheader.htmlを

<html><font face="MS Pゴシック"><dl>
<html>
<body background="画像ファイル名.jpg" valign="bottom" halign="right">


のようにしてやれば良い。「画像ファイル名.jpg」のところは、当然壁紙用に用意したファイルのファイル名。




もう一つ、コマンドというものの存在を知った。
OSのコマンドを実行したり、選択した文字列を引数にとって検索エンジンに投げたりできるらしい。
ということで、ちょっと設定してみた。

設定 - コマンドから。



コマンド名は任意だが、上記の例だと、

・Google検索
 実行するコマンド = http://www.google.com/search?lr=lang_ja&ie=UTF-8&q=$TEXTU
・Wikipedia検索
 実行するコマンド = http://ja.wikipedia.org/w/wiki.phtml?search=$TEXTU

どっかに書いてあるんだろうが、$TEXTUが選択文字列らしい。これを応用すれば、YahooだろうがYouTubeだろうが、設定できるんだろう。

使う時は、スレ欄とかで文字を選択して、右クリックしてやると設定したコマンドが出てくるので、それをクリックしてやれば良い。簡単だ。


壁紙はどうでもいいが、コマンドの機能は、もっと早く知っておきたかったな。
posted by iota602 at 00:32| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

壁紙 wallpaper

それまで使っていた19インチのCRTディスプレイが死亡した。PC切り替え機でメイン機からサブ機に切り替えた時、ボツンという嫌な音がして、なんにも映してくれなくなった。
直接繋いだり、普段は使っていなかったBNCケーブル端子に繋げてみたり、計算され尽くした角度でチョップしても、復活しなかった。
今考えると、神に祈ることはしなかったな。ヤオヨロズの神々にお祈りすればよかったかな。


死んだものは仕方ない。買い換えるしかない。
こちとら初代DOOMの頃からのFPSゲーマーなので、出来ることなら次は22インチくらいのCRTディスプレイにしたいところであるが、昨今はCRTディスプレイは売っていない。
液晶ディスプレイだと、最大解像度以外だと表示がボヤちゃったり、それこそ昔のは文字がガックンガックンだったりで嫌なんだよなぁ。でも仕方ない。

とかいうわけで24インチWUXGA(1920x1200)の液晶ディスプレイを購入した。PinPでビデオも見たいので、S端子とかが付いてる奴。具体的にはBENQのFP241WJ
まぁ、最近はそもそもゲームしてなかったし、いいよね。液晶で我慢しようね。

CRTディスプレイはUXGA (1600x1200)で使っていたので、WUXGAとはいってもちょっと横幅が大きくなっただけで、そんなに変わらんだろうとおもっていたら、やっぱり19インチ→24インチの差は大きかった。面積がな、やっぱデケぇ。

で、壁紙だ。壁紙チェンジャーで壁紙を15分間隔で変更していたりする程に壁紙好きなわけだが、WUXGAの壁紙なんてほとんど持っていなかった。
とかいうわけで、その日から壁紙集めが趣味になった。
ググる
・ 2chのデスクトップ板を見て回る
・ 2chのν速とかν速vipの壁紙スレを見つけたら凄い勢いで飛んでいく

色々探しても、あまり見つからない。とにかく世の中にはまだWUXGAの壁紙が少ない。
では自分で作ってみるか、ということで壁紙作りが趣味になった。

壁紙作りでメインで使っているのは、貧乏人用Photoshopの、Photoshop Elements 5.0だ。仕事に使っているわけでもなし、写真の補正だったらこれでも十分だと思っていたのだが、加工をするとなると、どうにもElementsでは力不足だな、と痛感している。
そのほかにgimpとかもインストールしているが、どうもインターフェースに馴染めなくて、使っていない。機能的にはgimpが優れている部分も結構あるんだけどな。

最後に、WUXGAな壁紙がいっぱいあるサイトを2つほど紹介しておこう。
InterfaceLIFT: High-Resolution Widescreen Wallpaper (by ratings)
 色々なサイズの壁紙がいっぱい。風景だったり静物だったり、種類も色々。
Blatte's Backgrounds
 フラクタル系のCGな壁紙がいっぱい。

ラベル:壁紙
posted by iota602 at 10:33| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。