2008年08月13日

見えなくなったLANDISKのファイルを救う

I-O DATAのLANDISK HDL-G250Uという製品を使っている。いわゆる安物NASで、要はファイルサーバである。

下の図のようにして接続しており、複数のPCからファイルを読み書きできる。基本的にLANDISK本体は常時起動している。図に有るとおり、USB接続のハードディスク(200GB)を増設しているが、これは必要な時にだけ電源を入れていた。
landisk01.gif


先週、ちょいとファイルの整理をしようかと思って増設ディスクの電源を入れた。通常は数秒後にピーとか音を出して使えるようになる。だがその日はピーピーピーと言いやがった。しかもなんか赤いランプが点滅していやがる。どう見ても異常事態だ。

PC側から接続しに行って見ると、やはり駄目だ。
LANDISKの管理者画面で様子を見てみる。

landisk02.gif


なんじゃこりゃあ!
未使用って、不明なフォーマットってどういうことだ?!
ハードディスクが逝かれたか?前回変な電源の落とし方をしたのか?
んー、でもハードディスク自体は認識しているようだし、ディスクも変な音を立てたりせず、普通に動いてるっぽい気がする・・・

とにかくよくわからん。
だが、往々にして僕より先に誰かが不幸な目にあっており、その対応方法などをWeb上に書いていたりしてくれているものだ。ぐぐってみる。

色々探っていくと、LANDISKというものはOSにLinuxを使っており、このLANDISKでいうところの「専用フォーマット」はLinuxで使われているext2だか3らしい。LANDISKではWindowsで使われているFAT32NTFSでフォーマットしたディスクも接続できるのだが、前者はファイルサイズに制限があるし、後者は書き込みができないとかいうことなので、その専用フォーマットにしていたのだ。

んで。
どうも探し方が悪かったのか、本体のディスクに入ったデータを救う方法や、本体のディスクが壊れて外部はオッケーな場合の救済方法はいくつか見つかったのだが、僕の事象にマッチする解決方法が見当たらない。

本体のディスクLinux機に接続したらあっさり認識したよ!というのを見かけたので、外部も同じファイルフォーマットだから大丈夫だろと、とりあえずKnoppixでPCを起動し、データの救出を試みた。Linuxには詳しくないのだが。
ちなみにKnoppixとはCDもしくはDVDだけで起動できるLinuxなのだが、そもそもそれが起動するまでが大変だった。顛末を詳しくは書かない。結局僕はKnoppixでこのディスクの中身を見ることが出来なかった。

データ退避用に接続したNTFSフォーマットのディスクはすんなり書き込み可能な状態にできたのだが、肝心のコピー元が認識できない。mountコマンドやumountコマンドで色々やってみるが、どうにも駄目だ。
Knoppixに含まれているGPartedというパーティション操作ソフトだと、ファイルシステムも認識してるし、使用量や空き容量までわかるのに・・・

次にWindowsXPを起動し、TestdiskPhotorecというソフトを試してみた。が、結局これも駄目だった。というか使い方がよくわからん。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070720_photorec/
Photorecの方は何か得体の知れない巨大ファイルを復活させてやがる。こんなファイル、僕は知らんぞ。

更に、Windowsでext2/3フォーマットのディスクをマウントできるというExt2Fsdというソフトを試した。駄目だった。認識してくれない。
http://sourceforge.net/projects/ext2fsd

もう駄目か・・・
投げ出してしまったKnoppixにもう一度チャレンジするか、潔くあきらめるか・・・
と更にぐぐりを深めていくと、Windowsからext2/3フォーマットのディスクを見られるという、Explorer2fsというソフトの存在を知った。
http://www.chrysocome.net/explore2fs
さっきのExt2Fsdも駄目だったし、こいつも・・・

landisk03.gif


おお!見えた!見えた!
あっけないほど簡単に。今までの時間は何だったのか!

ちなみに、Version1.07だと日本語のファイル名が化けるのだが、Version1.08beta9だと大丈夫だった。

ということで、100GB超の僕のMovie_Adultフォルダが帰ってきた。

いや、本当に大事なファイルはこんな外付けの更に外付けディスクに置いたりはしない。ぶっちゃけ無くなってもあきらめのつくファイルなのだが、それでもやっぱり、なくなると寂しいMovie_Adult。おかえりなさい。
そしてExplorer2fsの作者さん(達?)、ありがとう。
おかげで僕の(略
タグ:HDL-G250U LANDISK
posted by iota602 at 02:00| Comment(6) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LANDISKの電源が壊れて途方に暮れていたところ、こちらの情報を発見し、無事データ復旧できました。ありがとうございます!
Posted by ラジ at 2009年11月19日 22:17
同じくKnoppixでマウントできず困っているところにこのサイトに行きつきました。
無事データ復旧が出来ました。
ありがとうございました。
Posted by at 2012年03月07日 20:13
I-O DATAのLANDISKを使用していたところ電源が入らなくなってしまい分解してSATAに繋いだところ、読み込めなかったのですが、こちらの記事のお陰でファイルが復旧できそうです。
ただ、ファイル名が文字化けしているのでもう少し調査が必要みたいです。
とりあえずデータは復旧できたので助かりました。

本当に有難うございました。
Posted by ないーそ at 2012年07月31日 10:36
KNOPPIXでMikuMikuDanceを(まともに)動かす方法を探していたら、何故かここにたどり着きました。

ところでMovie_Adultフォルダ直下のフォルダのいくつかの頭が「小」という文字に見えるのは気のせいでしょうか…。
Posted by シオン=ソルト at 2012年12月05日 21:55
そのキーワードでここに迷い込むのはわかりますが、残念ながら答えはありません。KNOPPIXでMMDとか、なかなかの変態さんですね。
小は気のせいですよ。あれから色々増えましたが、小で始まるのはそれほどないですものそれほど。
Posted by iota602 at 2012年12月06日 01:19
ありがとうございました!
Posted by K at 2013年01月16日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104657667

この記事へのトラックバック
banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。