2011年11月20日

ボーマス18行ってきた

ボーマス18というイベントに行ってきた。THE VOC@LOiD M@STER 18である。ボーカロイド関連のイベントである。僕はもちろん一般参加である。出展できるものなぞありはしない。

このイベントに行くのは2回目だ。以前行った時(ボーマス15)の事もこのブログに書いた。前回分を、簡単にまとめてみよう。
・買いたいものなど決めず、カタログも読まずに突入
・かと言ってカタログ上の記載は曖昧で、現地で見たところであまり役に立たない
・外は糞寒い(1月)。中は超暑い。
・参加者の男女比率や年齢層とかの印象など
・卑猥な本はあまりない

今回は、millstonesさんの新譜が出るから行ってみようと、カタログを買っておいた。下調べ無しで突入した前回の反省を踏まえ、今回はその出展スペースに赤丸チェックを入れておいた。



当日。は降ってるし、そもそも体調を崩しており行こうかどうか迷ったのだが、カタログ(入場券を兼ねる)を買っちまってるし。もったいないから、そのCD1枚だけ買って帰るか、とサンシャインへ。

開場予定時刻より少し遅れて並び、中に入る。そのCD1枚は、入場の3分後に買ってしまった。さて、帰るか。
えぇ?せっかく来たのに、さすがにそれはちょっとなぁ。で、結局閉会まで会場内を徘徊してた。そうなると、1枚ではすまなくなるのだ。

前回は初めてだった事もあり、雰囲気の事などをここに書いてみた。今回も基本的には上に書いたまとめと大して変わらん。あえて再度書いておきたいのは、会場内が暑すぎるという事だ。これには本当に参った。まるでサウナだ。30分以上、中に居続けられない。以前もたしか同じビルだったと思うが、あそこの空調はどうなってるんだろうか。人口過密状態であるし、仕方のないものなのだろうか。仮にまた行くとしたら、次はもう半袖1枚にしようと思う。

それともう一つ。例えば楽曲制作者とそのファン、あるいは制作者同士、となりのサークル、そういったものの間にはコミュニケーションがある。同好の士であり、話も弾むだろう。翻って自分はというと、そういうものを意図して絶っている。そもそもこのブログも、友人知人には教えてない。こっそりと、ひっそりと。これは、僕にとってちょっと恥ずかしい趣味なのだ。

とはいえ、会も終盤になり制作者が挨拶まわりなどして談笑してるのを見ると、せめてネット上くらいではコミュニケーションとってみたりするのも有りかなぁ、と思ってみたりもする。面倒くさがらずに。
一応、MMDでろくでもない動画を作ってみたり、この前作った動画ではVocaloidも使ってみたし、そうやってこの界隈の端っこで遊ばせてもらってる身としては。
posted by iota602 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_03.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。